お問い合わせ
ページ上部へ

雨漏りがするときは防水シートで対応できることもあります

注文住宅などの一戸建ては、住宅に使用している素材が少しずつ老朽化してくるので、突然雨漏りが発生する可能性があります。 雨漏りを放置しておくとアレルギー疾患の原因になる場合や大切な住宅の寿命が縮んでしまいます。 天井にシミが広がってきた場合や大雨の日は雨の音が気になる場合は、早めに専門業者のスタッフに相談してください。 防水テープや黒い接着剤が付いている専用のテープですが、全面接着になっているため、屋根や外壁などから雨漏りがしている場合でも使用できます。 住宅の外壁が古くなってくると外壁塗装工事などのリフォームが必要ですが、防水シートで対応できることもあります。 雨漏りは屋根やベランダなどが原因の場合もありますが、外壁の劣化が原因の場合があるため、時間をかけて調査をしてもらってください。 信頼できる専門業者を選ぶと適正な費用で、外壁のリフォームをしてくれます。