お問い合わせ
ページ上部へ

雨の日の翌日は塗装ができるのか

室内のリフォームであれば雨の日でも特に影響なく行えることも多いですが、屋根や外壁など外の工事となると雨の日は作業を中止しなくてはいけないこともあります。
特に外壁塗装は雨が降っている最中では施工は好ましくありません。
では、工事の前日に雨が降った場合は塗装ができるのかも気になるところです。
まず、翌日は晴天で、日当たりの良い場所に家がありすっかり乾いているという場合は問題なく塗装が行える可能性があります。
逆にまだ外壁が濡れている、まだ雨が降るかもしれないという状況では当日の工事は中止して、後日改めて行われるかもしれません。
雨の翌日であっても基本的に工事はできますが、外壁がまだ十分に乾いていない、湿度が高いとなると施工不良になる可能性もあります。
それゆえ、梅雨時など雨の多い時期に工事を申し込むのは避けた方が無難です。